ごねんぶりにどめの

時代を嘆くなって、言ったじゃないか!

「神」と「裁き」の話―映画『羊の木』―(※ネタバレ有)

 

 

 2018年2月3日。公開初日、最寄り上映館のいちばん早い回で『羊の木』を見てきた。

予告時点で頭に入っていた情報としては、「元受刑者の男女6人がある街にやってくる」「主演の錦戸亮演じる月末一(つきすえはじめ)はそれらの人々を迎え入れる市役所職員」程度のもので、その後の展開がどうなるのかについてはさっぱりわからなかった。それなら何も知らないままで見ようと、ネタバレが出回らない公開初日に映画館へ足を運んだ。

そして1週間が経った。しかし未だに、これだ!というすっきりした結論が出ない。というか、『羊の木』がそういう映画なのである。錦戸さんが映画についてのインタビューを受けた記事などで「グレー」という言葉を度々目にしたが、この映画は様々なグレーゾーンから構成された映画なのだと思う。

この映画のキーワードといくつかの単語がキーワードとして鑑賞後に頭に浮かんだが、個人的に最も語りたいと思った言葉、「神」「裁き」について書こうと思う。

 

「神」

『羊の木』作中にはのろろ様という土地の守護神が登場し、気味の悪い存在感を醸し出している。切り立つ崖の上には巨大なのろろ様の像がそびえ立っており、波立つ海を見下ろしている。

のろろ様の像はじっと海を見下ろすのみだが、この作品において神のような佇まいで存在する人間がいた。松田龍平演じる宮腰一郎(みやこしいちろう)である。

最初に月末が元受刑者6名をそれぞれ迎えるシーン。6人の中で最後に登場するのが宮腰であり、6人のうち最も長い尺を使って月末との出会いの場面が描かれている。登場シーンだけを見ると、宮腰は若干不思議な空気を漂わせながらも、元受刑者6人の中では月末がいちばんまともに会話のできそうな人間として登場している。

宮腰は魚深市に来てからすぐに仕事もそつなくこなし、不満もなさそうな様子で、至極人間らしい生活を再開させている。月末のバンド練習の場に偶然遭遇したことがきっかけでエレキギターという新たな趣味に出会い、さらには木村文乃演じる石田文(いしだあや)との交際もひっそりとスタートさせる。

そんな宮腰が人間離れした神のような気配をまとい始めたのは、のろろ祭りで元受刑者6人が、幸か不幸か一堂に会してしまった時。もっと言えば、宴会で宮腰がある行動を取った時からだ。

この場面は、出会って間もない月末に自ら進んで語った、宮腰が受刑者となった理由をどこか彷彿とさせる。それまで宮腰が奥に押し込めていた暴力性が顔を覗かせてきたと単純に考えることもできるが、全編通して見た後に改めて考えてみると、あの辺りから宮腰は人間性と引き換えに神としての役割を請け負ったのだと思った。

神として宮腰が果たさなければいけない役割とは何か。それは、魚深市に災いをもたらすであろう可能性を排除することである。

のろろ祭りが終わってから、新聞記事を頼りに宮腰を探す男の登場や、北村一輝演じる杉山勝志(すぎやまかつし)の宮腰への接触など、宮腰のまわりは徐々に騒がしくなっていく。魚深市という刺激的な要素の一切ない港町にとって、これらの賑わいは「異常」であった。

そして宮腰はそれらを排してゆく。かつては邪悪な化け物だったという魚深市の守護神が、ひょっとすると宮腰の肉体を借りていたのかもしれない。全体としてグレーの空気を纏う映画の中では、異質に思える潔さだった。

「裁き」

しかし最後の最後で、宮腰は裁きを下す側から受ける側に回る。岬に足を運んだ宮腰は、自ら“生け贄”の一人となる。そして宮腰が果たしてきた神としての役割は、宮腰の手元を離れ、暗い海を見下ろすのろろ様の像にいつの間にか託されていた。あの場面で宮腰の頭の中に、月末から聞いた祭りの夜の生け贄の話が浮かんでいたことは間違いないだろう。

では、宮腰は生きたかったのか、それとも死にたかったのか。個人的にはどちらでもよかったのだと思っている。実際には行われていない生け贄の言い伝えが真実かどうかについての興味を発散させるのに、今がちょうどいい機会だとでも思ったんじゃないだろうか。

ただしその相手として、宮腰を「友達」と呼ぶ月末を選ぶということは、宮腰にとって非常に重要なことだったと思う。

宮腰が、月末が自分に対して取ったある行動について、市役所職員としての行動なのか友だちとしての行動なのかを問う場面がある。月末はそこで「友達として」と答える。だから宮腰は「自分を友達と呼んだのなら、自分の関心事に付き合ってくれよ」とでも言うかのように、月末を強引に引き連れたのだと思う。実際、月末にとって宮腰が「友達」かどうかは文に対する感情も相まってグレー中のグレーだったと思うが、宮腰の中では自分のことを「友達」と読んだ月末は全くグレーな存在ではなかったのである。

ラストについては、まさに「裁き」という言葉がぴったりのシーンで、映画館で息を飲んだ。正直、場面が進むにつれて薄々「こうなるのかな」と予想はしてしまえるのだが、潔くて美しさすら覚える恐怖が驚くほど軽くサクッと胸に刺さる。普段全く映画を見ない人間なのだが(途中で止められないことが記録したがりの性質に合わないと思っている)、こういう一瞬を生み出せることが映画の良さなんだと思った。

衝撃的なシーンなのに、不思議と尾を引かない。というより、見てすぐの時には「幻か何かだったのでは?」と思うくらい一瞬の出来事だが、エンドロールが海に吸い込まれていくあたりから同じ場面がずっと再生される謎の呪いにかかった。そして今も呪いは解けていない。「神は確かに存在するのである」と無言の圧力をかけられたかのようだ。

 

 

他にもこの映画を通じて「受容」「再生」などをキーワードとして語りたいと思ったのだが、衝撃的な宮腰の存在感を受け、まずは上記の内容を自分なりにまとめあげようと思ったので書き連ねた次第である。

『羊の木』は誰にでも「見てね!」と気軽に言える映画ではない。「苦手な人は苦手だろうな……でも錦戸さんがこんな素晴らしい共演者と素晴らしい作品に出られたことは知ってほしい……グレーだグレーだと言いながら話の流れ自体はシンプルだけど見た人が何を感じるかはこちらに委ねられるから色んな人の感想を知りたい気持ちもある……うーん……」となって誰にも勧められず終わる。

まあ、せっかく錦戸さんが1年以上前から宣伝していた映画だし、是非多くの人の目に触れてほしい。見た人間全員が、分かるようで分かり切ることのないグレーを口に含み続ける地獄を味わってほしい。わたしはここで2500字ちょっとの文章を書いたのに、まだ地獄を漂っています。

 

 

 

余談:なんと『羊の木』ツイッターキャンペーンに当選してしまいました。付箋ですが使わず大事にします。

f:id:ko-mochi:20180210203210j:plain

 

 

 

ジャニオタがブログについて61の質問に答えてみた

 

「〇〇なあなたに100の質問」というワードに懐かしさを覚えるのはわたしだけだろうか。

本当に読む人いるのかこれ?って言いたくなるようなどうでもいいことばかりで、でも回答している本人はめちゃくちゃ真剣に答えを考えているし、全回答を終えた時には達成感とほのかな疲労感がもたらされる。それが、長らくブログを書いている人間ならどこかで通ってきたと信じたい『100の質問』である。100まではいかずとも、知り合いから回されてきた“バトン”でいくつかの質問に答えたことはないだろうか……(バトンという文化、どれほどの人に伝わるのだろうと怖々しながらこの文章を書いています)。

この記事はそのような経過を辿ってきた、ブログを書かないと死ぬ病にかかっていると言ってもよさそうな人間が『ブログについて61の質問』というものをただ打ち返すだけの内容になっている。オチも何もないが、ブログで答える『質問』とはそういうもの……!

質問のテンプレは以下のブログから拝借しました。

 

*******

■ブログの概要とあなたについて

1.何について書いているブログですか?
ジャニーズの話が主でたまにそれ以外のオタクっぽい話とか
2.ブログ歴を教えてください
削除していないブログだけ見ると15歳で既にブログは書いているけどもっと前から
3.ブログを始めたきっかけは?
シンプルにジャニーズの話をしたかったからです
4.ブログ、ひとつですか?複数ですか?
5.複数ブログを書いている方、その理由はなんですか?
オタクと関係ない書き物をする場としてもう一つブログを持っています
6.過去にもブログを書いていましたか?
書いていました
7.もともと文章を書くのは好きでしたか?
紙の日記も書いていたので好きなんだと思います
8.誰かに話す、SNSに書く、自分の日記帳に書く…などでなく、ブログを選んでいる理由は?
話し下手で話す相手もいないけど誰かに聞いてほしいから、?
9.そのブログのタイトル、つけた理由は?
5年ぶり2度目のジャニオタなので

5年ぶり2度目のジャニオタ - ごねんぶりにどめの

10.ブログアイコン、設定してますか?それを選んだ理由は?
11.自分のアイコン、設定してますか? それを選んだ理由は?

今はツイッターと揃いのものにしています
12.ブログのデザインのこだわりはありますか?
スマホでも見やすそうなデザインを選んでいるつもりです
13.ブログを書いてることをオフラインの友人知人、周囲に公表してますか?
ジャニオタのリアル友人が知っている程度です
14.ブログを始めて自分自身や生活に変化はありますか?
変化というか、書いて記録をしないと気が済まない性分であることを再認識しました
15.ブログをやっていて良かった出来事はありますか?
ブログ読んでますって言われると単純に嬉しいです
16.ブログをやっていて嫌だったことはありますか?
17.ブログをやっていて困ったことはありますか?

今のところマイナス要素を感じたことはないです
18.ブログをやっていなかったら起こらなかった、おもしろエピソードなどありますか?
約40人の横尾担から担当になるきっかけを聞けたこと(でもツイッターの影響の方が多かったとは思う)

横尾担は如何にして横尾担になったのか:傾向分析 - ごねんぶりにどめの

19.あなたのブログのオススメポイントを教えてください
話が冗長なところ(すみません)

■ブログ自体について

20.現在、更新頻度はどんな感じでしょう?
書きたいときに書くのでまちまちだけど今月は週一ペースで書いていて多い方です
21.現在、何記事くらいありますか?
この記事含め69記事です
22.記事を削除したことはありますか?その理由は?
23.記事を下書きに戻したことはありますか?その理由は?
ありません
24.コメント欄、どうしてますか?非公開?承認制?だれでも書き込み可能?
25.その理由はなんですか?

通りすがりの人も書けるように誰でも書けるようにしています
26.お題箱、質問箱、設置してますか?
27.上記を設置している/していない理由はありますか?

特に必要だと思ったことがないのでしていません
28.記事のカテゴリ、分けてますか?
29.カテゴリ分けしている方、使い分けの基準やこだわりはありますか?

どのグループの何について話しているかざっくり分けるためにカテゴリ作ってます

■ブログの記事について

30.記事タイトルのこだわり、ありますか?
タイトルだけで何を書いているか分かるようにしたいけど出来ていないこともある
31.記事を書く時のこだわりはありますか?
書きたいと思ったらすぐ書くこと
32.だいたい何文字くらい書いてますか?
好きなように書くと文字数カウントは2000文字くらいになっています
33.1記事にどれくらい時間をかけていますか?
まちまちだけど基本的に遅筆だと思っています
34.ブログを書く時間帯は決まってますか?
時間は特に決まっていないけど熱量のあるうちに即座に書くことは心がけています

■ブロガー同士の交流、ありますか?

35.SNSはやっていますか? そこでブログの宣伝はしてますか?
1記事書くごとにツイッターでシェアします
36.ほかのブロガーさんと、ネット上で交流はありますか?
37.ほかのブロガーさんとネット上で交流を持ちたい?持ちたくない?その理由は?

38.ほかのブロガーさんと実際に会ったことはありますか?
39.ブログがきっかけで、継続的な実際の交友関係に発展したありますか?

交流はツイッター介してが主なのでブロガーとしての交流はないです
40.ブロググループ、所属していますか?
41.ブロググループに複数所属してる方、公開グループを選ぶ基準、こだわりなどありますか?

人の目に触れる機会を増やしたいのでジャニーズとアイドルのグループに入っています
42.ほかのブログで言及されたことはありますか?
43.ある方、それは嬉しかったですか?ない方、言及されたいですか?

あります、読んでもらえている実感があって嬉しかったです

■自分のブログへの関心度

44.アクセス解析、入れてますか? おすすめがあれば教えてください
Googleアナリティクスを試しに入れてみたものの使いこなせていません
45.閲覧数、読者数は気になりますか?
閲覧数も読者数も増えたら画面の前でにやにやしています
46.ブログへの流入元は気になりますか?
自分の文章がどういう経緯で読んでもらえているか関心があるので気にしています
47.いちばんPVが多かった記事を教えてください
いちばんが何かは分からないです
48.いちばんのお気に入りの記事は?
横尾担になる前に舞祭組がどう見えていたかは記録として残しておいてよかったと思っているので以下二つ

走り、舞い、まだ見ぬ誰かの道しるべとなれ―舞祭組『日本縦断「道しるべ」の旅』(札幌)に参加して― - ごねんぶりにどめの

最先端じゃなくたって歩けばそこに道はできる―『舞祭組10days合宿ガチドキュメント~タマタマキタ3人も合宿所でガヤガヤしちゃうよSP~』感想― - ごねんぶりにどめの

49.実は読んでほしい…という記事はありますか?
久々に英語を訳するという作業をしたので、直前のFire&Lightning意訳記事

自由の鐘を鳴らすとき―舞祭組『Fire&Lightning』意訳― - ごねんぶりにどめの

あとは内博貴さんに対する重い記事でしょうか

黄色と桃色の夢、もう一度見せて ―ジャニーズカウントダウン2015-2016を見て― - ごねんぶりにどめの

内博貴の呪いから逃れられない元錦戸担の話 - ごねんぶりにどめの

■ほかのブログとの関わり方

50.はてなスター、好きですか?
読んでもらえてる感があるので好きです
51.他の人の記事にスターはつけますか?一記事にひとつ?複数?
52.スターを付ける基準は何?

ひとつです、胸に響いたらつけます
53.引用スターを使いますか?
54.引用スターを使う/使わない理由があれば教えてください

引用スターの存在を今はじめて知りました
55.カラースターをもらったことはありますか? どんな記事でしたか?
56.カラースターをつけたことはありますか? どんな記事に、どんな理由でつけましたか?

もらったこともつけたこともあるけど詳細は失念しました
57.お気に入りのブログがあれば、理由と一緒に教えてください
58.自分以外のお気に入りの記事があれば、理由と一緒に教えてください

特別これ!というのはありません

■今後について

59.いま、書きたいと思っている記事はありますか?
書きたいときに書きたいものをすぐに書いているのでないです
60.今後、どんなブログにしていきたいか展望はありますか?
これまで通り、書きたいものを書いて運良く誰かに読んでもらえたら満足です
61.その他書き残したことなどあれば、ご自由にどうぞ!
話が長いけどなるべく読みやすい文章を残せるように力を尽くします、自分のために書いている文章を読んでくれてありがとうという気持ちです

 

******* 

これからもごねんぶりにどめのジャニオタが書くブログをどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

自由の鐘を鳴らすとき―舞祭組『Fire&Lightning』意訳―

 

突然だが、アルバム『舞祭組の、わっ!』ボーナストラック*1である全編英語詞の楽曲『Fire&Lightning』を意訳したものをここにまとめようと思う。というのも、これまでは曲調だけで「カッコいいな、お洒落だな」と思うくらいの聴き方をしていたが、意訳してみたところ「待て、もしや舞祭組めちゃくちゃかっこいいこと言ってる……!?」と舞祭組に対する熱量が軽率に高まってしまったためである。

この解釈はどうすればいいものか……と頭を抱えた部分もいくつかあるが、訳する際に調べたことも書き残しながら現時点での解釈を載せることにする。著作権についてはこちらのサイトを参考にさせていただきました。

 - - - - - - -

『Fire&Lightning』
歌:舞祭組 作詞︰Jeff Miyahara 作曲:Jeff MiyaharaErik Lidbom


【*】
We are We are
The generation of a brand new star!
We are We are
The generation of a brand new star!
BOOM!
(前代未聞のアイドル、ここに誕生!)

*generation(不可算名詞):発生、生成(the generation of~)
*starは文字通り「人気者」「スター」と直訳できるが「アイドル」とした


I know you like it when I’m screaming like an animal
Don’t You Lie, Don’t You Lie
I know you wanna cause the feeling is incredible
Don’t You Lie, Don’t You Lie
(俺は知っているんだ、まるで一匹の動物にでもなったかのように咆哮する俺と同じような様相のお前を。嘘をつくな。)
(何か信じがたい感情を欲しているお前を俺は知っている。嘘をつくなよ。)

*"you wanna cause"="you want to cause"
(cause+名詞+動詞の語順での訳し方が最後まで分からないまま意訳したので教えて賢い人……)
*incredible(形容詞):信じられない、信じがたい


【**】
People call us crazy, the attraction is electrical
Get your body ready, cause the fire’s not controllable
Let Your Freedom ring!
Yeah!
(人々は俺たちを狂っていると言う、それほど俺たちの持つ魅力は強烈だ)
(さあ支度をしろ、自分じゃどうにもできない炎を燃え上がらせろよ)
(お前の胸の中にある、自由の鐘を鳴り響かせろ)

*electrical=electric(形容詞):わくわくさせる、強烈な、電撃を与えるような
*let freedom ring:自由の鐘を鳴り響かせる


【***】
So We Are Like The Fire&Lightning
YEAH We’re the One and Only, We’re the One and Only
Can You Feel The Fire Rising?
You Gotta Feel You GOTTA FEEL!
We Control The Fire&Lightning
YEAH We’re the one and only, We’re the one and only
Can’t Stop Won’t Stop, Everybody BODY ROCK
Crazy… we’re CRAZY!!!
(そう、俺たちはまるで燃え盛る炎のようであり目に痛いほど眩しい稲妻のよう)
(俺たちは唯一無二の存在だ)
(お前は、胸の中に炎が立ち昇り燃え上がるのが分かるか?いや、感じ取れないとダメなんだ!)
(俺たちは燃え盛る炎や強烈に輝く稲光すら支配しているんだ)
(俺たちは唯一無二の存在だ)
(止められない、止まりたくない、ここにいる奴ら全員、体揺らして最高な気分になろう)
(狂ってるさ……俺たちはみんなクレイジーな奴らなんだ!)

*gotta=have got to
*rising(形容詞):上昇する、立ち昇る
*body rock:体を揺らす
(調べていてrockにはスラングで褒め言葉を意味することもあるという解説を見つけたのでそのニュアンスも意訳に込めた)


We are We are
The generation of a brand new star!
We are We are
The generation of a brand new star!
(【*】に同じ)


I know you wanna party like we’re at a carnival
Don’t You Lie, Don’t You Lie
Your body language is so guilty like a criminal
Don’t You Lie, Don’t You Lie
(俺は知っているんだ、お前がカーニバルのようなお祭り騒ぎのパーティーを求めていることを。嘘をつくな。)
(お前の体から発せられるメッセージはまるで罪人のように罪深い。嘘をつくな、嘘なんてつけない。)

*carnival(名詞):お祭り騒ぎ


People call us crazy, the attraction is electrical
Get your body ready, cause the fire’s not controllable
Let Your Freedom ring!
Yeah!
(【**】に同じ)


So We Are Like The Fire&Lightning
YEAH We’re the One and Only, We’re the One and Only
Can You Feel The Fire Rising?
You Gotta Feel You GOTTA FEEL!
We Control The Fire&Lightning
YEAH We’re the One and Only, We’re the One and Only
Can’t Stop Won’t Stop, Everybody BODY ROCK
Crazy… we’re CRAZY!!!
(【***】に同じ)


Don’t stop cause the beat’s on fire
Catch you breath cause it’s just so wild
CRAAAAZY!!
Everytime that the beat goes BOOM
All the party people going crazy in the room
So blaze it up and blaze it up
So CRAAAAAAAZY!!
(鼓動を高鳴らせるのをやめるんじゃない)
(呼吸が激しくなるのを感じ取れ)
(いつだって鼓動はとどろくように高鳴っている)
(この部屋で、パーティー好きな奴らみんなが狂ってく)
(燃え上がらせろ、燃え上がらせろ)
(めちゃめちゃクレイジーだぜ!!)

*on fire:興奮して、やっきになって
*wild:興奮した、狂乱した (口語)楽しい、愉快な
*blaze up:燃え上がる


That’s right… Are you ready? Are you ready?
(そう、それでいい……準備はできてるか?)


So We Are Like The Fire&Lightning
Can You Feel The Fire Rising?
HERE WE GO !!!!!
(そう、俺たちはまるで燃え盛る炎のようであり目に痛いほど眩しい稲妻のよう)
(お前は、胸の中に炎が立ち昇り燃え上がるのが分かるか?)
(さあ行くぞ!)


So We Are Like The Fire&Lightning
YEAH We’re the One and Only, We’re the One and Only
Can You Feel The Fire Rising?
You Gotta Feel YOU GOTTA FEEL!
We Control The Fire&Lightning
YEAH We’re the One and Only, We’re the One and Only
Can’t Stop Won’t Stop, Everybody BODY ROCK
Crazy… we’re CRAZY!!!
(【***】に同じ)


Hey, you’re so CRAZY!
(ははっ、お前もすっかりクレイジーな奴に成り下がっているじゃないか!)

- - - - - - - 

 

意訳としては上記になったわけだが、この歌詞全体をおおざっぱにくみ取ると「俺たちと一緒にバカになろうぜ」だと思う(余談ですがこれは関ジャニ∞の村上さんがコンサートのアオりでよく言う言葉です)。ストーリーとしては、ファンたちが日常生活では表に出さない熱量の大きな感情をアイドルが引きずり出し、最終的に皆で熱狂の渦に巻きこまれる、というもの。

まずこの曲の主役となっているのは、他ならぬ舞祭組本人たちと考えた。だから①⑤のstarはアイドルと訳すことにした。そして曲中でyouと呼び掛けられるのは我々ファンである。

風景は、⑨でin the roomという言葉が出てくるところからコンサート会場をイメージした。それもレーザーがガンガンに使えそうな大きいハコ。⑥のparty、⑨のparty peopleといった言葉が使われているところから、規模が小さくてはパーティーと呼ぶに相応しくないと思ったからだ。

意訳をする中で最もぞくぞくさせられたのは、サビ前に当たる③⑦。the fireがnot controllable(制御できない、支配できない)と来て、Let Your Freedom ring!自由の鐘の音を響かせろ!と来る。訳した瞬間に「……ここの歌詞、もしや最高オブ最高では?」と今さらな気付きを得た。日本語訳をなんとなくでも分かってしまうと、サビ前にギリギリまで引き上げられ高められていく感覚が一気に襲い掛かってくる。そして"So"で鐘を打ち鳴らすかのごとく勢いよくスタートダッシュを切り、「俺たちに付いてこいよ!」とオラオラさが最高潮に達したサビに突入。あとは流れに身を任せるがまま。

つまり『Fire&Lightning』はカモンという言葉を歌い手が使うことなく我々がカモンさせられる数少ないキスマイ楽曲(厳密には舞祭組名義だが)とも言える。*2

 

これまで書いてきた内容は、あくまで誰の解釈も見ずに書いた意訳と個人的解釈及び感想なので、皆それぞれ自らの内に思い思いの『Fire&Lightning』を描けばいいと思う。メロディーを聴くだけでもいい意味で舞祭組らしくないお洒落な楽曲であるとすぐに分かるが、一歩踏み込んでみるとより味わい深く、舞祭組に強烈なときめきを覚え引き込まれてしまう。

それがまさにアルバムの最後を飾るに相応しい『Fire&Lightning』という楽曲だと思う。

ここからは蛇足となるが、個人的には、②⑥の意訳がなかなかに直訳っぽいのでどうにかならないか……と思いながらもそのまま載せたので、ここはもっとカッコよくできそう。あとはparty peopleやcrazyなど、カタカナ言葉で使われるものにどのような言葉をあてるのかも改良の余地はあるかもしれない。しかし最も頭を悩ませたのは、タイトルでもあるFire&Lightningをどのような言葉で表現すればよいのかということであり、未だに解に辿りつけていない感が拭えない。

  

  

舞祭組の、わっ! (初回生産限定盤A)

舞祭組の、わっ! (初回生産限定盤A)

 

  

*1:ボーナストラックと言いつつ3形態すべてに収録されているが、曲を聴けばボーナストラックとして区別したい気持ちはすぐに理解できる

*2:歌詞に「come on」を含む楽曲が異常に多いKis-My-Ft2。デビュー後から3月発売シングル『INTER』までで26曲あるとのデータが5月発売アルバム『MUSIC COLOSSEUM』特典映像で公開された。