読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごねんぶりにどめの

時代を嘆くなって、言ったじゃないか!

流れ星は願いをすこしも裏切らない―『なうぇすと(初回盤)』one chance MV&Making感想―

ジャニーズWEST 感想

2016年11月30日、ジャニーズWEST3枚目(ミニアルバムも入れれば4枚目ですね)のアルバム『なうぇすと』がめでたく発売となりました。年イチペースでコンスタントにアルバムを出し、それを引っさげたコンサートをするというサイクルが現段階で出来上がっているのはありがたいことではないかと思います。

さて、今回のアルバムには流星くん出演のドラマ『レンタル救世主』の挿入歌である『one chance』のMVが収録されています。今まででいちばん真面目にダンスしているという噂は以前より聞いていたけど、本当にずっと踊ってるね?!この人たちジャニーズだあ!!というのがMV視聴後のざっくりとした印象。大分失礼ですね。それに加えて、当然と言えば当然なのですが、なんだかんだでこの曲はジャニーズWESTの曲でありながらも流星くんのための曲だと感じたので、流星担の皆さんが少し羨ましくなります。こんなカッコいい曲中で出演ドラマの台詞を言えることが許された担当を持ったら最高じゃないですか?

MVを撮る曲にこのような曲を選んできたということは、偉い人たちがジャニーズWESTをおちゃらけた路線だけで売り出す気がそろそろ無くなってきているというものだと見なしていいのだろうか。わちゃわちゃした仲良しグループというだけではきっと早々に限界が来るはずだし、むしろギャップを生み出しやすいキャラクターなのだからそれを利用しない手はないだろうというのが個人的な意見。今年発売のシングルに着目すると、『逆転Winner』でしっかりめのダンスを踊り新境地への第一歩では?と思ったら『人生は素晴らしい』で逆行してしまったという見方も出来てしまえるので、今回『one chance』という曲が与えられたことで、ファンとしては「まだまだ開拓の余地はあるんだぞ!」と強気な気持ちを取り戻した気分です。

続きを読む以降は覚書用の感想メモ。

なうぇすと(初回盤)(DVD付)
 

 

 

続きを読む

きみは最高で最強の当て馬―映画『溺れるナイフ』を見てきました―

感想 ジャニーズWEST

 


『溺れるナイフ』本予告

本日2016年11月5日公開の映画『溺れるナイフ』を見てきた。重岡担の皆さんは試写会の感想やら解禁映像やらかいつまんで提供される情報を手に入れる度、ずうっとそわそわしていたと思う。もちろんわたしもその一人。関係者向けの試写会に行ったであろう非ジャニオタの方が重岡くんを絶賛している時なんて、最高にもどかしくて最高に誇らしかった。例えばこれとか。

 ようやくそのそわそわから解き放たれた今日。ひとりで映画館の最後列を予約して、ホットコーヒー片手に2時間の時を過ごした。エンドロールまではあっという間だった。映画を見終えて映画館を出る時のわたしは放心状態に近くて、足元がどこかふわふわしていた。

以下あれこれ書いているのですが、映画『溺れるナイフ』を皆さん是非見て下さい!!!超オススメ!!!とおおっぴらにお勧めする気持ちは湧いてこない。重岡くんの仕事っぷりが沢山の人の目に触れてくれるのはとてもありがたいことだけど、誰にも言わず隠しておきたくなるような密度の高い空気感もある。

でも少しでも気になっている人は、どんな理由でも構わないので見に行ってみて下さい。上映後、ひとりで見てよかったと思ったのと同時に、誰かとこの映画を見てすぐに手近なカフェにでも入ってめちゃくちゃに感想を言い合いたいとも思った。だからせめてこの映画についての色んな人の感想をインターネットの海から拾い上げてみたいです。

ということでここからはネタバレ含む感想を書き残しておきたいので、何も知らないまっさらな状態で映画を見たいですと言う方は見ないことをおすすめします。重岡担なので大友の話に偏りがちなのはご容赦いただければと。重岡くんが大友役として選ばれたことにただひたすらに感謝しながら今夜は眠るつもりです。

【2016/11/6ネタバレじゃない追記】

昨日ブログを書いてから思ったこと。

前評判を受けて “重岡担として”溺れる覚悟をして臨んだ割には、予想外にも重岡くんがかっこよすぎてツライヨーとはならなかった自分に驚いている。いや、もちろん大友の登場シーンを全て切り取って一気に流せば間違いなく大友に惚れたくなると思うのですが。思うに、夏芽を中心に回る映画だったからあくまで大友は当て馬としてしか見られなくて、コウちゃんに執着する夏芽の気持ちにそれなりに共感していたのでは、と。

 

 

 

続きを読む

青春を捧げた人よ生まれてきてくれてありがとう②

関ジャニ∞ 自分がたり

一年前の今日は『47』を見ていた。今日は『∞UPPERS』を見ている。関ジャニ∞のコンサートではわたしが最後に行ったコンサート。3年ぶりのコンサートだった。ゴンドラに乗って上から降りてきた豆粒程度の大きさにしか見えない7人に感激して泣いたことを今でも覚えている。

 去年の11月3日に、自分的には十二分に熱量をこめた記事を書いたのでもういいだろうと思っていたけど、やっぱり11月3日は特別な日だし何かを言わずにはいられない。それだけ錦戸さんの存在の大きさを、重岡担を名乗る今になっても日々噛み締めている。

 若気の至りと語りたくなる情熱は全て錦戸さんに費やした。17歳の錦戸さんと、11歳のわたし。男女問わずアイドルになんてまるで興味のなかった一人の運命があの点から大きく動いた。テレビの画面越しに一目ぼれしたあの時を除いて、後にも先にも一目ぼれなんて漫画のような出来事は我が身に訪れなかった。今だって、いちばん好きな顔の男性はと聞かれたら関ジャニ∞錦戸亮だと自信を持って答える。*1

ちょうど∞UPPERSの頃にジャニオタから一度足を洗ったので、あれで関ジャニ∞のコンサートは最後だろうと思っていた。しかし何の巡り会わせか今冬5大ドームに行けることになってしまった。知人から誘いが来たときは自分でも驚いた。ジャニーズの世界に戻ってきてから一年が過ぎ、今は関ジャニ∞の弟分を応援している身ではあるけど、その日だけは青春の全てをかけた日々を取り戻して全力でエイトを好きになる。というより、関ジャニ∞なら全力で好きにならせてくれるはず。あの頃に置き去りにしてきた恋心がいつだってわたしを引き戻す。根っこの部分は永遠に錦戸担のままだ。

去年に続いてまた言い忘れそうになった。錦戸亮さん32歳の誕生日おめでとうございます!良い一年になりますよう、お祈りしています。

 

KANJANI∞ LIVE TOUR 2010→2011 8UPPERS[DVD通常盤]

KANJANI∞ LIVE TOUR 2010→2011 8UPPERS[DVD通常盤]

 

 

*1:錦戸さんとの出会いはこちらに書いています

 

言ったじゃないかが好きって言ったじゃないか

関ジャニ∞ 自分がたり

関ジャニ∞『言ったじゃないか』をここ最近聴きたくなっているので、毎日通勤のお供にしている。というか、元々エイトの曲の中ではかなり好きな部類。

2年前のこの時期、元担当錦戸さん主演の『ごめんね青春!』主題歌として発売した。その一年後に重岡担となったわたしは、元担当と現担当が共演する奇跡のドラマを見ないことがあろうかいや見ると義務感に駆られ、2日間かけて『ごめんね青春』全話を視聴した。そして今年、この曲を求めているというのは、どこか運命的なものを感じる。わたしの10月のテーマソングはいつの間にか『言ったじゃないか』になってしまったのかもしれない。他の月にテーマソングなんてないんだけど。オタクはいつだって都合のいいように解釈しちゃう生き物。

本当のことが知りたいの(神さま)
本当のことなんか知りたくはないの
本当のことを言ってよ(仏さま)
本当のことなんか聞きたくはないよ

この曲は何と言ってもサビの与える印象がめちゃくちゃ強い。ガツンと一度響いたら、なかなか頭から離れない。ドラマとの兼ね合いもあり、曲中では片思い中の男性の惨めさやもどかしさを叫んでいるというシチュエーションと解釈することが出来るけど、実はこのフレーズって日常生活の色んな場面で言いたくなる。現にわたしも最近とある事情で、本当のことを聞くことが出来ないと分かっている人に、心の中で「本当のことが知りたいの」って心の中で問いかけている。

あとこの歌は、関ジャニ∞の歌だけど実質は錦戸さんの歌だと思っている。この曲がふいに頭の中に流れてくる時は、錦戸さんのハスキーまじりな声がぐわんぐわん響くし、困り眉で情けない表情の錦戸さんが浮かぶ。

「言ったじゃないか」

何より錦戸さんの最初の一言で、ずっとずっと錦戸さんを見ていた過去の自分に引き戻されてしまう。だからこの曲は、わたしにとって錦戸さんの曲。自分と錦戸さんをつなぐ線が一気に結ばれる曲なのだ。だから空気が冷たくなり始める10月、人恋しくなって思い出に浸りたくなった時に、一見場違いに思える『言ったじゃないか』を聴きたくなるのかもしれない。

 

ごめんね青春! Blu-ray BOX

ごめんね青春! Blu-ray BOX

 

 

じゃにおたバトンをやりました

ジャニーズ 自分がたり

 ジャニーズオタク自己紹介バトンを作ってみたから時間がある人はやってみてほしい - おこめとからあげ

#じゃにおたバトン のタグをツイッターでちらほら見かけ、昔バトンをブログで書きまくっていた身としては居ても立ってもいられなくなったので書く。上記のブログが発信元のよう。ありがたく使わせていただきます。

*******

じゃにーずおたく自己紹介ばとん

【名前】
ちりと申します。

 

【今の担当は?(複数可)】
名前:重岡大毅ジャニーズWEST

好きなところ:頭にぱっと浮かんできたのは、内側から発光している感じとか、こちらまで元気になってしまう膨大なエネルギーとか、インタビューで時折見せる仕事に対する真摯な姿勢とか、アイドルなのにアイドルらしくないんだけどやっぱりジャニーズWESTのセンターだなって思わせてしまう強さとか。

担当になったきっかけ:元担当の錦戸亮さんの面影を感じてしまったから(過去記事参照)。

青春を捧げたひとよ生まれてきてくれてありがとう - ごねんぶりにどめの

【いつからジャニヲタ?(きっかけも是非)】

小学校6年生の秋で、たぶん2003年10月27日。NEWSがHEY!HEY!HEY!に初登場して『NEWSニッポン』を歌った日。
その日、わたしは小学校でジャニーズを好きな男の子に「今日のHEY!HEY!HEY!にNEWSが出るから見て!」と言われ(その経緯は覚えていない)、ジャニーズを1ミリもかじったことのないものの言われるがままにその夜テレビを点けました。デビューしたてのNEWSがぞろぞろと登場して、ダウンタウンのお二人とトーク。早々に浜田さんに頭をはたかれてガッツポーズをする山ピー、緊張からか自分の隣の松本さんの飲み物を気付かずに飲んでしまう慶ちゃん、トークで目を付けられいじられる手越くんなど、皆初々しいです。9人という大所帯の中、誰を選べとも言われていないのに終始目を離せなかったのが錦戸さんでした。一目見て「この人が一番かっこいい」と、俗にいう「ビビッと来た」状態が訪れ、その気持ちは番組が終わるまで変わることはありませんでした。
本当にアイドルに無縁の生活を送っていたので(その1年前くらいに来ていたモーニング娘。ブームにも乗らなかった)、ジャニオタというか、ジャニーズ、ひいてはアイドルに興味を持ち始めた思い出深い日です。

【担当遍歴】
錦戸亮(NEWS・関ジャニ∞)→(5年くらい脱オタ)→重岡大毅ジャニーズWEST

【好きなシンメorコンビ(への思いも是非)】
現担当の重岡くんまわりなら断然かみしげ。二人揃うと砂糖のかたまりみたいな甘くてほわんとした空間に見えてしまって、胸がぎゅっとなります。そんな二人が歌う激甘ソング『Lovely Xmas』*1は、聴いていると「可愛くて抱きしめたくなるのは歌っている本人たちだよ……」と涙が出そうになります。

思いが深いのは亮内(過去記事参照)。NEWSを見て錦戸担になったので、NEWSの関西勢としてグループを掛け持ちをしていた二人のことは忘れられません。NEWSでは年長組だけど、関ジャニでは最年少の内くん。錦戸さん相手だと年下らしさを存分に出して振る舞っている様が好きでした。もう一度二人が並ぶ画を見たいと、未だに願っています。

黄色と桃色の夢、もう一度見せて ―ジャニーズカウントダウン2015-2016を見て― - ごねんぶりにどめの

 

【1番心に残ってる現場】【初めて行った現場】

長らく地方住みジャニオタだったので、両手で数えられるくらいしか参戦歴がありません。逆を言えば、どの公演も思い出深いものと言えます。47コン(2007年)はずっと好きだった錦戸さんと会えるんだ!という思いがあったし、∞UPPERS(2010年)は初めてのドームの大きさに驚いたし、ラキセコン(2016年)は担当になってから間もないにも関わらず重岡くんに会える機会が訪れたことに感謝しながら臨みました。ちなみにどの公演でも必ず1曲目から泣いている。

【最近行った現場】
コンサートはラキセコンですが、数日前に舞台『Vamp Bamboo Burn~ヴァン!バン!バーン!~』を観劇してきました。

【次行く現場】
未定なのでWESTさんたちのコンサート決まってほしいです!

【記憶に残ってるファンサ】
わたし自身はファンサをもらったことがおそらくないのですが、ラキセコンの神ちゃんを見てファンサの神だと思いました(過去記事参照)。

5年ぶり2度目のジャニオタがジャニーズWESTのコンサートに初参戦した話《後編》 - ごねんぶりにどめの

 

【好きな曲TOP3(理由もあればどうぞ!)】

順位がつけられないので、今まで好きだったグループの曲で好きなものを。
◎NEWS:紅く燃ゆる太陽
関ジャニ∞:LIFE~目の前の向こうへ~、Jackhammer、torn
ジャニーズWEST:夢を抱きしめて、逆転Winner

【好きな振り付けTOP3(好きポイントも…!)】
あまり振り付けに関心がないのか、ぱっと思いつかない……すみません。

【自分がJrになれたらバックにつきたい曲(複数可)】
バックにつきたい曲ではないけれど、キスマイと一緒にローラースケートを滑るHiHi Jetsになりたいなと少クラ春休みSPを見て思いました。

【1番好きなペンライト】
好きというか、ラキセコンのバナナの衝撃の強さが強すぎました。

【1番好きな衣装】
これ!というものには出会えていないかもしれなくて、重岡くんの衣装のシルエットがあまり衣装っぽくないことが多いことも一因かもしれません。最近なら、逆転Winnerの黒いシュッとした衣装が好きです。

【よく買う雑誌】
雑誌は写りとテキストなら前者を重視して購入を判断しているんですけど、その基準でWiNK UPが一番多くなっています。

【この映像は見て欲しい!というオススメ】
めぇコンのメンバー紹介。これでわたしはかみしげにオチました。かみしげのみならず、メンバーの組み合わせが完璧なので是非見てほしいです。

ジャニーズWEST 1stコンサート 一発めぇぇぇぇぇぇぇ! (通常仕様) [Blu-ray]

【ジャニヲタになる前の趣味は?】
ジャニオタになる前の記憶が残っていないけど、しいて言えば少年少女問わず雑多に漫画をよく読んでいました。今もだけど。ワンピース(アラバスタくらいで読むのやめたけど)、Mr.FULLSWING、Wピンチ!!(強気な女の子って好き)、だぁ!だぁ!だぁ!怪盗セイントテール、等々。種村有菜先生大好きって感じでした。

【最近気になっている子】
子じゃないけど、つい先日舞台『Vamp Bamboo Burn~ヴァン!バン!バーン!~』を見てからビジュアル系メイクを施した生田斗真さんの美しさが忘れられません。パンフレットを見る度、この世にこんなヤバい写真を残していいのか……?となっています。
あとこれも数日前の話なのですが、キスマイBUSAIKUを見てキスマイに興味を持った友だちに布教すべく買ったライブ映像を見て、北山くんは素晴らしい最年長だなあと感じました。

 

【最後に一言!】
最近、自担の所属グループ以外のコンサート映像を見てみたい欲求が高まっているので、おすすめの映像作品があれば是非教えて下さい。なんとなく今の気持ちとしてはKAT-TUNとABC-Zを勉強したいのですが、グループは問いません。ご協力いただけると嬉しいです、よろしくお願いします!

*1:アルバム『ラッキィィィィィィィ7』収録