読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごねんぶりにどめの

時代を嘆くなって、言ったじゃないか!

【感想メモ】『少年たち Jail in the Sky』

ジャニーズWEST 感想

ある時、ツイッターで知り合った重岡担の方に「重岡担なら『少年たち』を見てみるといいですよ!」とおすすめされ、同じ重岡担のアドバイスなら間違いあるまいと確信を持ち、舞台『少年たち Jail in the Sky』(2013年発売)を視聴した。映像化されている舞台『少年たち』には、この他に『少年たち 格子無き牢獄』(2011年発売)があるが、現在プレミア価格で販売されており気軽に手に入れられない値段だったため、ひとまず入手しやすい『少年たち Jail in the Sky』を購入するに至った。

ストーリーや流れを全く把握しないまま見始めたので、オープニングでいきなりダンスシーンから始まり、申し訳ないことに普通に戸惑ってしまった。おろおろしているうちに物語が始まったのでほっとした。ジャニーさんがジャニーズのために用意した舞台なので、ストーリー等細かいことはそこまで気にしなくてもいいのだろうか。(ジャニーズの舞台に臨む姿勢が正直よく分かっていないので、どなたかご教授いただければ幸いです……。)

重岡担なのでどの場面の重岡くんが印象に残っているかという話をすると、圧倒的に流星くん過去話(マツタケ泥棒)中の一発芸。ゆるいコントシーンからのにこにこ大天使ちゃん炸裂。思わず爆発しそうになった。よいしょって擬音がぴったりの壇上への上り方も、一発芸後のマツタケ(タケノコだったけど)掘り方講座も、とにかくかわいいしか言えなくて苦しかった(良い意味で)。あと戸塚くんとのブランコのシーンは切なくて印象的。

続いてショータイムの話を少し。後にジャニーズWESTとなる7人が歌う『LET'S GO WEST~K A N S A I !!~』は、スタンドマイクの影響か関ジャニ∞の『好きやねん、大阪。』を彷彿とさせた。前置きが面白いのか面白くないのか分からなくてざわざわした変な緊張感が湧き上がってきたけど、そういえば『好きやねん、大阪。』の間奏のコントも似たような気持ちで見ていたなあと当時を懐かしんだ。大阪発のジャニーズは曲中のコント的なやり取りを一度は通らなければならないしきたりなのだろうか。

ジャニーズWESTの話ではなくなるが、始めて見るABC-Zの演技、そして少年倶楽部で見るのとは一味違うダンスに素直に感心した。舞台観劇未経験かつABC-Zに明るいわけでもないので、偉そうなことを言っていいのか分からないが、身振り手振りの大きさや表情の作り方、声のハリ等が舞台向きに仕上がっている印象を受けた。ジャニーズWESTメンバーでは桐山くんや神山くん、濱田くん辺りが声や動きがのびやかで好もしく思えた。

以下、感想メモ。いつか『少年たち 格子無き牢獄』も手に入れたい所存。

f:id:ko-mochi:20160508190149p:plain