読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごねんぶりにどめの

時代を嘆くなって、言ったじゃないか!

誰が為のコンサート? ―『ジャニーズWEST 1st Tour パリピポ』BD感想―

ジャニーズWEST 感想

(5月21日に書いた記事に追記しました)

2016年5月18日、ジャニーズWESTファンの皆さんが待ちに待ったパリピポコンのDVD/Blu-rayがめでたく発売となった。『ええじゃないか』でも『パリピポ』でもなく『青春ウォーーー!!』と共にセンターステージに登場したメンバーは、最後の公演を惜しむ隙を作らせないかの如く初めからトップスピード。きっとどの公演だって手を抜くことはなかっただろうけど、最後だと思うと一つ一つの笑顔にいちいち感慨深くなってしまうだろうと、まるで自分が客席にいるかのような気持ちになってしまって最初から泣けてきた。

わたしは昨年の秋頃からジャニーズWESTを追いかけ始めたため今更な感想になってしまうだろうけど、アルバム『パリピポ』の収録曲はコンサート映えするものが多かったのだと今回コンサート映像を見て感じた。『アカンLOVE~純情愛やで~』や『Mambo de WEST!』等のおフザケ曲も然り、『キミコイ』や『Toxic Love』等のきちんと歌い上げる曲も然り。正直なところ、これまではWESTさんの楽曲の中で『パリピポ』収録曲はどこかパッとしない印象を持っていたが、パフォーマンスが曲と一緒に頭に浮かぶようになっただけで全然違う曲になった気分だ。

特に好きな箇所を挙げるとすれば、『夢を抱きしめて』と『SCARS』。テンション爆上げからのカッコいいWESTさんたちの流れなので、単なるギャップ萌え的なものかもしれないし、この2曲を歌っている映像をわたしがほとんど見たことがなかったせいもあると思う。それでもわたしは声を大にして言いたい。

死んだ魚のような冷たい目をしてる重岡くん、大好物です!!!!!!!

あの目で殺されたいし、何ならそれよりもっと前の、Overture前映像のぴしっとキマった格好良い重岡くんに打ち抜かれたい人生だった。重岡くんだけじゃなくメンバー全員良かったのについ取り乱してしまった。反省。

重岡くん関連で感じたことを一つ。度々思うことではあるけど、今回改めてステージに立つ重岡くんは、誰よりも自分のためにアイドルをやっているように見えた。少なくともステージ上でのパフォーマンスからは、「こうすればお客さんに喜んでもらえる」という意識を優先させているように感じ取れない。それよりも「オレは今めちゃめちゃ楽しいぞ!」と体全体で表現することの方に重きを置いているように見える。

その理由は本編後に視聴したドキュメンタリー映像の本人の発言から明らかとなった。

昔は俺も、どうやったらいい風に見えるやろとか、どうやったらカッコよく見えるやろ、よく見えるやろってことばっかり考えてたんですけど……それいいかなってなんとなくこう、思い出して(=多分「思い始めて」の意)。今俺がやってることを突き詰めていけば、なんか新しい自分に出会えるんじゃないかと思って。

加えてコンサートについて「ライブ中は入り込みたい」「今この瞬間は生きてるなって感じられる」とも発言している。重岡くんにとってのコンサート、ひいてはアイドル業そのものが、楽しみながらも自らを高みへ導く場であるのだと、本人の言葉によって確信できた。そのように断言する今の重岡くんから放たれる輝きに間違いはないはず。アイドルのキラキラ感とはまた違う強烈な赤い炎のような光を信じている。

 

 

以下、感想メモ書き。

 

 

f:id:ko-mochi:20160521210523p:plain

f:id:ko-mochi:20160521210536p:plain

f:id:ko-mochi:20160529140531p:plain

f:id:ko-mochi:20160529140554p:plain