読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごねんぶりにどめの

時代を嘆くなって、言ったじゃないか!

【感想】『シルエット』MV&メイキング

前回のジメジメしたしめっぽい自分語りを改めて見て、「どうしたんだ自分……?」となってしまいました。今はもう人生は素晴らしいと胸を張って言える。

そう、ジャニーズWEST6枚目のシングル『人生は素晴らしい』が満を持してめでたく発売となりました!

『人生は素晴らしい』はアニメ『逆転裁判』のオープニング、初回限定盤Aと通常盤に収録されている『Mr. Summer WEST』は31アイスクリームのCMソングとして、お茶の間にも流れる機会の多かった曲。加えて、初回限定盤Bにはファン投票で収録の決まった『シルエット』がMVとメイキング付きで収録されている。全種類揃えることで、デビューから2年が経ち着実に活動の場を増やしていることがタイアップ曲から実感でき、かつデビュー前に歌っていた思い出深い曲で一層感極まってしまうという、なんとも豪華な内容となっている。

以下、『シルエット』のMVとメイキングの感想を少し。

去年からジャニーズWESTを応援している新規のわたしですらMVを見て涙が出そうになったので、Jr.時代からずっと見守り続けている皆さんはどんな思いでこの曲を聴きMVを見たのかと考えるだけで胸がぎゅっとなった。音源化されてよかったですねと言っていいのかどうかも分からないようなぺーぺーで、本当にごめんなさい。

MVのコンセプトも相まって最初からしっとりした気分になったけど、大サビは特に印象深い。

君と見る新しい景色を 見つけにいこう
いつもより ちょっとだけでいい 遠回りしよう

前半を重岡・神山・藤井・小瀧の7WEST組が、後半を中間・濱田・桐山の年長組が歌っている。7WEST組を見て「この人たちに付いていけば間違いなく新しい景色が見られそうだ」と確信めいた希望が湧き、年長組を見て「ちょっとどころか長い間遠回りしてきただろうに……」とノスタルジックな気分になった。

この歌割りは、昨年見た少クラ(2015年11月11日放送)とは違っていた。前半を中間・桐山・藤井・小瀧、後半を濱田・重岡・神山が歌っている。何かを意図して変えたのだろうか?と疑問を抱いても真意は分からないが、個人的には今回の歌割りの方がファンの胸に刺さりやすいだろうと思った。ただ、大サビに続く「街の灯りが照らす~」が照史くんになっていたことにはしっくり来なかった。確かにソロ映えする声ののびやかさなんだけど、昨年の少クラ同様、センターを担う重岡くんのままであってほしかったなあと残念な気持ちもある。

メイキングは、全員でわちゃわちゃしてるのに癒されるのは勿論だけど、写真を撮り合う時にメンバーが一対一になった時の雰囲気を見られたのが良かった。一対一の絡みを映像として見られることって案外少ないのではないかと思う。そうでもない?

MV最後のお洒落なスーツ姿、みんないい顔してるんだけど、やっぱり担当が一番だなって確信を持って言いたくなったので、まだまだ応援していくぞーって元気になりました。『人生は素晴らしい』MV&メイキングの感想は次回書き残そうと思います。

 

 

* * * * * * * 

(なぐり書きメモ)

f:id:ko-mochi:20160730211604p:plain