読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごねんぶりにどめの

時代を嘆くなって、言ったじゃないか!

よいお年をありがとうございました

2016年も残り1日を切ったので、1年の振り返りと年末のご挨拶を。

2016年振り返り

ジャニオタに出戻ってから1年目の年でしたが、ありがたいことに以下の現場に入らせて頂きました。

  • 3月:ラキセコン×1
  • 8月:Vamp Bamboo Burn~ヴァン!バン!バーン!~×1
  • 12月:エイタメコン×1、24コン×2

3月のラキセコン新潟公演は、自分にとって初めてのジャニーズWESTのコンサートでした。申し込みが締め切られるくらいの時に本格的にジャニーズWESTに興味を持ち始めたので、勢いに任せ滑り込みで申し込んだ記憶があります。ツイッターを始めたばかりにも関わらず、ファンクラブがなくどこを経由して申し込みすればよいのか分からなかったわたしに、フォロワーさんが助け船を出してくださったことがとてもありがたかった。あと、ツイッターで声をかけた方と現場でお会いするというのを初めて経験して、これもジャニオタの醍醐味なのかなとうきうきしました。

12月のコンサートは記憶に新しいですが、まずいずれの公演も大雪の影響で死に物狂いで会場に入ったので、直前までの強い不安感がしんどかったです。

エイタメコンではこれまでくすぶらせていた錦戸担の血とどのように向き合うかということに、約6年ぶりに本人を目の当たりにしてようやく結論を出せました。重岡くんと同じ熱量を注げずとも、錦戸さんに引き寄せられてしまう自分を無理矢理押しこめることはしなくていいし、そもそも無理だなと諦めがつきました。

そしてつい一昨日記事を書いた24コンは、ジャニーズWESTサイコー!っていうあっけらかんとした気持ちよりも、ありがとうありがとうと繰り返し言いたくなるコンサートでした。このコンサートでファンの色んな気持ちを良い形で成仏させられたと思う。“感謝届けます”というタイトルは、ジャニーズWESTからファンへの一方向ではなく双方向のやりとりを表すものだと、会場で7色のペンライトの海に浸かりながら感じていました。

担当の重岡くんについては、出演映画2本が公開されたのがおめでたかった!映画雑誌にひとりで載る重岡くんを見て、勝手に誇らしい気持ちになっていました。どうしても『溺れるナイフ』の方に目がいきがちだけど、『殿、利息でござる!』で頂いた役も出番は少ないながらも良いポジションだったので、いい仕事持ってきてもらってありがとう……と映画館で手を合わせて拝みたくなりました。2017年も演技仕事入ってきてほしいなあ!重岡くんだけでなく、昨年秋クールの『サムライせんせい』を皮切りに2016年度冬クールまで誰かしらドラマに出ている(or出ることが決まっている)ジャニーズWEST、演技班の増員と活躍ぶりが目ざましくて素晴らしい。

おわりに

今年1年、ブログに足を運んでくださった皆さま、本当にありがとうございました。カウコンを見ながら平穏無事によい年を迎え、新たな素晴らしい1年がやってくることを願います。2015-2016カウコン2ショット企画で心の中の懐古厨がむくむくと目覚めてから1年間ずうっと淡く夢見ていた錦戸亮内博貴の2ショット、そもそも企画がないので今回は目にすることが出来ないかと思いますが、下記事の熱量は失われていないので亮内が並ぶ画を見る夢はまだまだ諦めない。無理でも祈る。同士募集中です。

僻地にあるブログですが、来年も一人でも多くの方に目を通していただければ幸いです。ツイッター@ab30_038もありますので、こちらで仲良くしていただけるともっと嬉しいです。それでは来年もよろしくお願いします!