読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごねんぶりにどめの

時代を嘆くなって、言ったじゃないか!

走り、舞い、まだ見ぬ誰かの道しるべとなれ―舞祭組『日本縦断「道しるべ」の旅』(札幌)に参加して―

2017年1月7日、『舞祭組お正月キャンペーン ~日本縦断「道しるべ」の旅~』札幌での公開録音&ハイタッチ会に参加してきました。他グループ担ですが初めて目にした舞祭組メンバーに色んな気持ちを呼び起こされ、胸がいっぱいになって帰ってきました。

公開録音&ハイタッチ会に参加するまで

本キャンペーンが北海道でも開催されることは発表時点から分かっていたので、avexが舞祭組オリコン1位獲得のために本気出してきたとにわかに騒がれていたこともあり、ランキングに貢献できるのならせっかくの機会だし行ってみたいと考えていました。“どこへ行くかは、当日の発表とさせて頂きます。”という公式サイトの記載から、毎日0時を回った頃に会場を確認しており、1月7日も例に漏れずそのようにしていました。そこで7日が仙台だと把握し、8日には北海道に来るかなあと呑気に考えていたら、まさかの札幌追加発表!どうしてこんな不意打ちなのー!と一瞬考えましたが、そうか冬の交通事情か……と12月に関ジャニ∞ジャニーズWESTのコンサートで散々飛行機に悩み苦しんだことを思い出し、すぐに合点がいきました。

いざサッポロファクトリー

上述したように油断していたためかなり出遅れましたが、「ハイタッチ券、まだあるよ!」というツイッターの検索結果を信じて会場へ。

f:id:ko-mochi:20170108140517j:plain

間に合った!よかった~~~!!!

わたしが着いた時点で公録開始2時間前くらいだったのですが、その後もハイタッチ券の配布は続いていた様子。さすがに優先エリア整理券はありませんでした。

公開録音

f:id:ko-mochi:20170108140710j:plain

会場は開始30分前の17時でこのような感じ。この後ショッピングモールの吹き抜けの最下階(地下1階に相当)に舞祭組メンバーが登壇し、公開録音を兼ねたトーク、そして舞祭組メドレー(『棚からぼたもち』→『道しるべ』)の披露、最後に一人ずつ挨拶、という流れで進行しました。1階から3階までもステージが見える場所にはハイタッチ券の有無によらず、公録を聞く人がびっしり、という状況でした。計1時間弱で終了。

わたしはのんびり聞ければいいかなということで2階のステージから離れた位置にいましたが、悲しいことにマイクの音が響きすぎてしまい、正直トークは聞きづらかったです。ボケとツッコミの応酬などで4人が一度に喋っていると声が重なってしまい、誰が何を話しているのか分からなかった。そのため、トークの内容はぽつぽつとしか記憶していません。とは言え、ショッピングモールの一角なのでそこに不満を言っても仕方ないし、内容は分からなくても楽しそうにトークを繰り広げていることが見て取れるだけで個人的には満足でした。

かろうじて聞き取れた中で最も印象的だったのは、宮田くんの締めの挨拶。今回の曲がバラードであることを受けて、「でも、舞祭組のことを見かけたら、笑ってやって下さい。皆さんには笑ってもらいたいです。」というニュアンスの挨拶をしていました。他グループ担ながら、この挨拶が本当にたまらなかったです。明るいショッピングモールの片隅で涙しそうになりました。

ハイタッチ会

公録後のハイタッチ会は下の階にいた人たちから順番に。吹き抜けなので大勢のスタッフによってさばかれていくファンが舞祭組メンバーとハイタッチしている様子は、場所によっては上階から見ることができました。周りの10代くらいの女の子たちがその様子を見てきゃあきゃあ声を上げたり、メンバーにどう声をかけようかと相談し合ったりするのを眺めながら、列を作ってしばし待機。1階~3階の参加者が並ぶ待機列が動き始める頃には大分時間が経っており、スタッフの方も「時間が押している」と言っていました。

いざ自分の番が近づきメンバーが見える場所に行くと、あくまで個人的な印象ですが、メンバーの表情からは疲労の色が伺えました。沖縄から始まった移動続きの毎日で、この日だけでも仙台から札幌に移動していることを考えれば当然のことだと思いました。

それでも、一番身を乗り出し一人一人と目を合わせようと目線の高さを合わせていた千賀くん。興奮気味のファンを気遣ってか「大丈夫、大丈夫だよー」と呼びかけながらハイタッチしていた二階堂くん宮田くんとはちょうど前の人から自分へ視線が移る間際にハイタッチしたため、きちんと目を合わせられませんでした。残念。でもそれだけ前の人としっかり関わっていたとも言えます。

そして喉が不調そうだったので「喉、休めて下さい」と声をかけたところ、静かに頷いてくれた横尾さん。他のメンバーはすれ違うようにハイタッチしたのですが、最後の一人ということもあり横尾さんとだけはきちんと向き合って声をかけることができたので、眼前に立つ横尾さんに「ふ、普通に大きい男の人だ……でも雑誌とかテレビとかのままだ……」となりました。

行ってよかったー!

トークと歌でひとしきり楽しませたと思えば最後の挨拶で真面目に締め、疲労の色を見せながらも4人の4通りの対応をしてくれたハイタッチ会、他グループ担ではありますが大満足でした。強行日程で全国を回っている舞祭組の念願であるオリコン1位が叶うこと、そして今回の旅を終えた舞祭組のメンバーがゆっくり休む時間を取れることを心から願っています。

でも、願うだけじゃ叶わないんだよ

公録&ハイタッチ会から帰宅して購入した通常盤のブックレットを開いたところ、そこに写る丸眼鏡の横尾さんがツボをつきまくってきたということも相まって、昨日の興奮が冷めないうちに買ってきました。ドン!

f:id:ko-mochi:20170108140353j:plain

初回Bだけだけど!ポスターもついてきちゃったよ!札幌大通りのタワレコでは初回も通常もポスター付きで残っていたので、わたしのように他グループ担でハイタッチ会に参加した人は、せっかくだから買ってみてはいかがでしょうか。