読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごねんぶりにどめの

時代を嘆くなって、言ったじゃないか!

担降りしません

はじめに。

Kis-My-Ft2横尾渉さん、31歳の誕生日おめでとうございます!!!!!!!!!!!!!

こんな風に、横尾さんの誕生日を全力で祝う日が来るなんてほんの数カ月までは想像していなかった。わたしの中での番狂わせは今年の1月7日に舞祭組ハイタッチ会にほんの少しの興味から行ってしまったばかりに始まってしまった。

このブログを見て、かつわたしのツイッターを見ている人はごくごく一部だと思うけど、最近のわたしときたら本当に横尾さんのことばかり呟いている。自覚はある。自分でも思う、お前誰担なの?って。でもわたしの気持ちとしては、上の記事にも書いたように今でも変わらず重岡担なのだ。

今の横尾さんに対しての気持ちは、例えて言えば見逃してもらえる浮気をしているような気分だ。明快に担当と思える人がいるのに、と思いながら、今のこの気持ちを抑えてしまってどうするんだと誰かが囁いてくる。馬鹿なわたしはそれに従ってしまう。一旦駆け出したら火照る体が冷えるまでは止まれない。しかも運の悪いことに、駆け出した道はいつまでも続くように見える坂道だった。

You&J全盛期にジャニオタになったお陰でジュニアの頃からずーっと知っていた横尾さんに、ここに来て脇目もふらず全力ダッシュしてしまうなんて一ミリも想像してなかった。でも担降りはしない、どう見られてもわたしは重岡担!

ただ、横尾さんはわたしにとっての衝撃であって、何なら運命感じちゃいそうなくらいで、そういう鋭く心臓を射抜かれるような感覚は重岡くんを好きになってから感じたことがなかった。重岡くんが周囲を照らす陽だまりなら、横尾さんは暗闇を貫く一筋の閃光。だから、重岡くんが好きなのに横尾さんも好きな今がめちゃくちゃ楽しい。選べないなら両方好きでいいことが許されるなら堂々とそれに甘えたい。わたしは欲張りだから、重岡くんの笑顔の破壊力も横尾さんの真顔の威力もべらべらと語りたいのである。