読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごねんぶりにどめの

時代を嘆くなって、言ったじゃないか!

札幌の夢の国に行ってきた―『Sexy Zone presents Sexy Tour 2017 ~STAGE』に参戦して―

2017年4月22日、『Sexy Zone presents Sexy Tour 2017 ~STAGE』北海道(札幌)公演に行ってきました。元々中島担の友人に同行させてもらう予定だったのですが、仕事の都合で友人が来られなくなり、代わりに最近関ジャニ∞にハマり他グループもかじり始めていた別の友人と一緒に行くことに。つまりは二人ともセクゾコン初参戦どころかセクゾについてはまるで初心者!C&Rとか聴いておいた方がいい曲とか、参戦済みの方に情報をいただいて出来る限りの予習をして……とこんなに予習を頑張って行ったコンサートは初めてでした。知らないものの魅力に気付いていく過程って本当に楽しいなあ!と、今年に入ってからキスマイで感じたことを再度実感する良い機会にもなりました。

 

以下、セクゾコン初参戦の重岡担による感想です。

  • 「WESTともエイトとも違う良いコンサートを見てきて」という言葉を中島担に託され行ってきましたが、本当にその通りで、見せられるもの一つ一つに「これはリアル……?それとも幻か……?」と自問自答したくなった。人間世界に生きているのに雲の上を歩かせて頂いてありがとうございます!みたいな気持ち。
  • 皆さん顔面の圧が強すぎ!知っていたけど、覚悟していったけど、セクシーゾーンさんのお顔、みんな強い!「おかしい!顔面が美しすぎておかしい!」と友だちと馬鹿の一つ覚えのように何度も叫んでしまった……。
  • アリーナのファンの間をトロッコで優雅に渡っていく皆さんがファンサおばけでおののいた。わたし自身は時折双眼鏡を覗きつつスタンド席からその様子を眺めていたのですが、このお顔にこのサービス精神を兼ね備えていたらファンなんて瞬殺でしょうよ……となった。
  • ネガティブな感想ですが、会場のみんなで歌うところの声量がいまいちだったかもしれない。セクゾコンに初めて行ったので普段がどういうものなのか分からないのですが、あまり会場が一体となって歌っている印象は受けなかった。でも正直言うと、観客が歌うにしては歌いづらいパートが選択されているような気もして、ここはコンサートを作る側の改善点でもあるのかな、とも思います。

以下は印象に残った曲セトリのネタバレになるので見たくない方はスルーして頂きたい!

 

*****

  • 『私のオキテ』
    神さまありがとうとしか言えない演出。勝利くん、お友だちを連れてきてくれてありがとう。彼女たちにならいっそ冗談でブスって言って殺されたい。個人的には風磨くんの女装が好きだった……。
  • 『It's Going Down』『24-7~僕らのストーリー』
    5段ある階段に1段につき一人ずつポップアップで登場して縦一列で歌う演出、すっごいかっこいい。これは人数多すぎると出来ないかもしれないなあ。
  • 『Slow Jam』
    ケンティーのベッドの演出での歓声がヤバすぎて圧倒された。
  • 『Hey!! Summer Honey
    とことん夢を見させてくれる中島健人にクラッときた。そして彼がとことん現実を見せてくる重岡くんと仲が良いという事実が改めて信じられない。
  • Sexy Zone
    奇跡の曲。デビュー当時の映像とともに同じ衣装を着た現在の彼らが登場してくる演出が、そういう演出なのはなんとなく把握した上で行ったんですけど、圧倒されて言葉を失ってしまった。赤いバラがシンボルのアイドルって最強でしかない。
  • 個人的に、聡ちゃんの挨拶が素っぽくてとても好感が持てた。きっともっといい言葉を紡ぎだせるようになると思う。
  • 終演後のモニターに『ツアータイトル+in HOKKAIDO』って地名も入れてくれるの素敵!
  • 捌けた後のステージ裏のゆるい5人の映像が映って、さらにメンバーからの手書きコメントが映るって演出も素敵!!!

*****

 

今回のコンサート、Wアンコールで『バイバイDuバイ~See you again~』を歌ってくれたのですが、“ここに来ればワクワクが止まらない”“夢の国”とはまさにこのコンサートそのものを言い表している言葉だと思いながら終演後に惜しみない拍手を送り帰路に着きました。

Sexy Zoneは現時点でここまで出来るグループなんだという驚きと、でももっともっと伸びていきそうという期待及び確信が今回の収穫。良い意味で先が見えなくて、でもこれからもっと磨かれていくに違いない。千葉まで行かなくても夢の国に行くことが出来たよ、セクシーサンキュー!!!!!